忍者ブログ
  • 2019.10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2019.12
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2019/11/17 14:01 】 |
ゲームのやり過ぎか。
変な夢を見た
わたっ です。

何だか嫌な感じがするので
ちょっと吐き出させてもらいます。


↓ 以下、閲覧注意。 ↓





ザックリ言うと西部劇のような荒野に佇む小さな町を彷徨う内容でした。

まず、厳つい風貌の軍人(?) が連れたって歩いて来ました。
洋ゲーとかハリウッド映画とかに出てきそうな感じの外見です。
何か重要な任務があるようです。
しかし、指揮官が不在らしく
チーム内での意見が割れて別行動をする事になったようでした。
近くの小屋の前に座り込み休憩をとるグループと
やや離れた場所にある合流地点(?) に進むグループに分かれていました。

その先の『カラオケ』と書かれた謎の店に入ると
リボンを着けた巨大なネズミが
受話器が置かれたままの固定電話機で
ひたすら彼氏(?) に電話をかけまくっていました。
繋がる訳ないのに……とか思いつつ
受話器を取ってみたら独特な笑い声が聞こえてきたのですけど
(「ハハッ!」って感じの)
次第に声が低くなっていき、何とも形容し難い呻き声になりました。
気分が悪くなって外へ出ると
店の前で甲高い女性声の中年男がニタニタと笑っていました。

少し進むと二人の男の子たちが凧揚げをしていました。
が、宙に浮いているのは凧ではなく
海外の安いヌイグルミのような極彩色の恐竜(?) でした。
特にアゴまわりが安っぽさ全開のデザインでした。
こう……パカパカした感じの。
それがガス風船に括り付けられ浮遊していました。
子供たちが持っていた糸も何だか変で、
ヌメヌメした膜を縒ったようなものでした。
しばらくすると風が出てきて二人の持つ紐(?) が絡まり合い
風船が割れました。
うるさかったです。

で。
その先の路地では先程の軍人風の人がもめていました。
ジャ○ク・ク○ウザーみたいな人が腕を負傷しているようで
愚痴を言っていました。
「帰るー!」とか言っていました。
面倒臭かったので無視して進みました。

最後に二階建ての薄暗い木造家屋に入りました。
窓という窓に木が打ち付けられ
部屋の中はほとんど暗闇でした。
木を外すと光が差し込み視界がひらけました。
どうやら廃墟になってから久しいようで
だいぶ荒れていました。
しかし、不思議と生活感がある気味の悪い内装でした。
そこで妙なスケッチブックを拾い、書かれている内容を読みました。
絵日記のようでした。
最初は鉛筆で描いた白黒の絵に
その日あった事がちょこちょこ書き込まれている感じでした。
絵自体はコンクールに出せば入選くらいはしそうな感じの上手さでした。
ただ、全ての絵が少年が寝ているというものでした。
しかも病気でベッドに寝たきりという訳ではなく
床に倒れこむような姿で
排泄物を垂れ流しながら這いつくばっている構図でした。
文章の方も何だか他人行儀というか、人事のような書かれ方でした。
恐らくこれを書いた人物はその少年ではないのでしょう。
ページをめくる度に絵はリアリティを増していき
書き込まれている文章は次第に狂気を帯びていきました。
最後の方は写真と見間違えるようなリアルさでした。
「あついのです」(『です』 は誤字っぽかったので憶測) という文字と
人の原型を留めない程 酷い状態になった少年の死体の絵が描かれていました。
それ以降のページは全て彼の死体の絵でした。
吐き気を催した私がスケッチブックを捨てると
急に視界が歪み、目の前にその少年が現れました。
周囲の景色も廃墟から普通の家になっていました。
彼は兄弟でその家に閉じ込められていたらしく
何かの秘密を知っている(知ったために閉じ込められた?) ようでした。
そこでまた視界が歪み元の廃墟に戻ったのですが
部屋は一面 血の海で
手足が千切れた数人の男女が這いつくばり
笑いながら床に散らばる血液や肉片を舐めていました。

ここで天の福音……
もとい、目覚ましのアラームが鳴りました。
おはよう、お前ら。

とりあえず性夢でない事を祈りつつ
悪い事の予兆でない事もついでに祈りつつ……。


そうそう、全く関係無い話ですけど
昨日ホームページにアップしたパッチファイルにミスがあったため
良かったら修正版をDLしてくださいね。

拍手[0回]

PR
【2012/11/12 20:39 】 | 日常風景 | 有り難いご意見(0)
<<発掘作業……もとい、部屋掃除。 | ホーム | 遂にラット砲が単発撃ち可能にっ!?>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>